FC2ブログ
2017/07/12

26歳の若さに感激!? ススキノは何が起こるか分からない(^^♪

前回の記事から、続きが遅くなってしまい申し訳ありません(^^;)
26歳の女性との、思わぬ出会いの続編を書いていきたいと思います。

私が入浴中のお風呂に彼女は入ってきました。
一糸纏わぬその姿は真っ白で、均整がとれています。
胸はDカップくらいでしょうか、パンと張りがあり乳輪も乳首も程よい大きさで芸術的にさえ感じます。
ウエストも腰回りも太くなく細すぎもしない。
女性の身体が一番きれいな年ごろなのだろうと感じました。

覚悟を決めた私は、彼女に背中を流してもらいます。慣れてない手つきながら、優しく流してくれました。
お礼に私も彼女の背中を流しました。きめ細やかな肌を傷つけないように、優しく丁寧に。
背中に湯をかけると、お礼を言うために振り返った彼女に口づけをします。
彼女も自然に受け入れてくれました。
片手で彼女を支えながら、もう片方の手で胸を撫でると乳首はすでに硬くなっています。
たっぷりとキスを味わってから、彼女を連れてベットへと移動しました。

彼女をベットに座らせて、私は後ろからハグをするように抱きしめました。
うなじから肩、背中へと唇を這わせます。両手は指先だけの触るか触らないかのフェザータッチで体中をゆっくりと撫でまわしました。
漏れる吐息を感じながら、ゆっくりとゆっくりと。
彼女の弾けるような肌に感動しました。齢を重ねて熟れた肌も魅力的ですが、このみずみずしさは若さの魅力ですね。吸いつくようです。

じっくりと体全体を撫でたころ、彼女が肩越しに後ろを振り向きキスをせがんできました。私はそれに応えながら、右手をクリトリスへとのばしました。次の刺激を求めていると感じたからです。
クリトリスは小ぶりで、それでいてしっかりと存在を主張していました。
溢れている愛液の上辺をすくい、クリトリスに塗り付けてからこねるように刺激をしました。彼女は「ああッ」と声を上げながら少し力をいれたあと、私にもたれるように身体を預けてきました。
キスをする口元から抑えきれない声が漏れるのが嬉しくて、クリトリスの根元や先端をゆっくりと撫でたり、先端をトントントンと優しくリズミカルに刺激していました。
彼女が「あっ」っと少し大きめの声をあげたので、彼女をギュッと抱きしめてあげました。

彼女をゆっくりと横に寝かせ、クリトリスを口に含みました。
愛液は溢れ、太ももにまで滴っていました。
膣を指で刺激しようと2本入れようとしましたが、狭いようだったので中指だけを入れました。
舌でクリトリスを転がしながら中指でGスポットをさすると、彼女はたちまち悶えます。もう自分の声や欲情を抑えるすべもなく、大きな声で精一杯感じているのです。
私の愛撫に何度も何度も大きな声を上げながら応えてくれていた彼女は、「もうお願い、入れて下さい」と喘ぎ声の合間に言うのです。
少しSの部分が出そうになりましたが(笑) 
大人の余裕をみせて「いいよ」と彼女の頬を撫でてから挿入しました。

彼女の中はとってもきつく、燃えるように熱くなっています。
時には胸を揉みながら、時にはクリトリスを刺激しながら、何度も何度も腰を振り立てました。
Gスポットに当たる角度が好きなようで、「もうダメ」と何度も口にしながら感じてくれていました。
最後は少しそるように感じながら、私と一緒にグタッとなっていました。

話をしながら余韻を楽しんでいると、彼女の眼は少し潤んでいます。
もしやと思い下に手を伸ばすと、そこはもうしっかりと濡れているのです。
若さですね(笑)
おじさんも興奮してしまい2回戦に突入!
そんなことを繰り返し、結局3回もしてしまったんです(^^;)
頑張りましたね。

次の日の朝、休んでいる彼女に別れを告げてホテルを後にしました。
本当に夢のような出来事で、いまだに信じられない感じもしますが、素敵な経験をすることができました。

ススキノは、何が起こるか分からない所ですね。
ぜひ皆さん、札幌にお越しください(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーサイト
[PR]

2017/07/05

ナンパ!? 26歳の女性との思わぬ出会い。

前回の記事について、たくさんのご意見や感想をいただきありがとうございました。

上から目線の女性から連絡が途絶えた理由について、女性の方からいろいろと聞かせてもらえたのは、とても勉強になりました。

本当のところの女心と言うのは、男性では分からないものですね(+_+)

ぜひ、今後とも聞かせてもらえたらと思います(*^-^*)



さて、これまではサイトでの出会いを書いてきたのですが、今回はススキノの街中での突然の出会いについてお話ししようと思います。


その日は平日の夜。仕事で会食があり、2次会もあったので少し酔っぱらいながらススキノを歩いていました。もう一軒ぐらい飲んでからホテルに戻ろうと思ったのです。

すると前方からうつむきかげんの女性が歩いてきます。

普段はナンパなどしたことが無いのですが、その時はなぜか声を掛けたくなり酔いも手伝って

「こんばんは、もし時間があったら一軒だけ付き合ってもらえませんか?」と話しかけました。

すると、女性はハッとこちらを見上げて、「あ、はい、お金をすられて今日寝るところも無くて困っていたんです、泊めてもらえますか」と言うのです。

私は驚いて「この後、飲みに行けたらと思って声を掛けたんだけど、そこでお話してから後のことについては考えようか」と話し、近くにあった焼き鳥屋に入ったのです。


話を聞くと、彼女は26歳で札幌の近郊から来ていました。先ほどスリにあったようで、気がついたら一銭も無くなっていたというのです。明日になれば駅で母と落ち合えるのだけど、今日泊まるところが無くてどうしようかと悩んでいたところに私が声を掛けたのでした。

私の宿泊しているホテルでいいので泊めて欲しいと言うので、ビールで焼き鳥を流し込んでホテルへと向かいました。

私は、騙されているかもしれないなとも思ったのですが、彼女がとても可愛らしく(^^;) 必死にお願いするので、まずは言うとおりにしてみようと思ったのです。

予約していたホテルがススキノから離れていたので、タクシーで向かいました。その時も、誰か後ろからついてきていないか、ついてくる車は無いかなど気にしながら向かったのです(笑)


ホテルに着きロビーで、「部屋には誰も通さないで下さい」と伝えてから部屋に行きました。

部屋に着くと彼女は「ありがとうございます。私、何でもするんで、大丈夫なんで…」と言います。

私は、それならと抱く気にはなれず、困っているのにつけ込む様なことはできないと二つあるベットの片方を進めて寝るように促しました。

「私はシャワーを浴びて休むから」と浴室に行き浴槽に浸かっていました。そこに裸で彼女が来たのです。

とても綺麗な裸でした。

「背中ぐらい流します。」と彼女。

❝据え膳食わぬは男の恥❞

私は覚悟を決めて彼女に背中を流してもらうことにしました。


この続きは次回とさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。