FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2017/07/12

26歳の若さに感激!? ススキノは何が起こるか分からない(^^♪

前回の記事から、続きが遅くなってしまい申し訳ありません(^^;)
26歳の女性との、思わぬ出会いの続編を書いていきたいと思います。

私が入浴中のお風呂に彼女は入ってきました。
一糸纏わぬその姿は真っ白で、均整がとれています。
胸はDカップくらいでしょうか、パンと張りがあり乳輪も乳首も程よい大きさで芸術的にさえ感じます。
ウエストも腰回りも太くなく細すぎもしない。
女性の身体が一番きれいな年ごろなのだろうと感じました。

覚悟を決めた私は、彼女に背中を流してもらいます。慣れてない手つきながら、優しく流してくれました。
お礼に私も彼女の背中を流しました。きめ細やかな肌を傷つけないように、優しく丁寧に。
背中に湯をかけると、お礼を言うために振り返った彼女に口づけをします。
彼女も自然に受け入れてくれました。
片手で彼女を支えながら、もう片方の手で胸を撫でると乳首はすでに硬くなっています。
たっぷりとキスを味わってから、彼女を連れてベットへと移動しました。

彼女をベットに座らせて、私は後ろからハグをするように抱きしめました。
うなじから肩、背中へと唇を這わせます。両手は指先だけの触るか触らないかのフェザータッチで体中をゆっくりと撫でまわしました。
漏れる吐息を感じながら、ゆっくりとゆっくりと。
彼女の弾けるような肌に感動しました。齢を重ねて熟れた肌も魅力的ですが、このみずみずしさは若さの魅力ですね。吸いつくようです。

じっくりと体全体を撫でたころ、彼女が肩越しに後ろを振り向きキスをせがんできました。私はそれに応えながら、右手をクリトリスへとのばしました。次の刺激を求めていると感じたからです。
クリトリスは小ぶりで、それでいてしっかりと存在を主張していました。
溢れている愛液の上辺をすくい、クリトリスに塗り付けてからこねるように刺激をしました。彼女は「ああッ」と声を上げながら少し力をいれたあと、私にもたれるように身体を預けてきました。
キスをする口元から抑えきれない声が漏れるのが嬉しくて、クリトリスの根元や先端をゆっくりと撫でたり、先端をトントントンと優しくリズミカルに刺激していました。
彼女が「あっ」っと少し大きめの声をあげたので、彼女をギュッと抱きしめてあげました。

彼女をゆっくりと横に寝かせ、クリトリスを口に含みました。
愛液は溢れ、太ももにまで滴っていました。
膣を指で刺激しようと2本入れようとしましたが、狭いようだったので中指だけを入れました。
舌でクリトリスを転がしながら中指でGスポットをさすると、彼女はたちまち悶えます。もう自分の声や欲情を抑えるすべもなく、大きな声で精一杯感じているのです。
私の愛撫に何度も何度も大きな声を上げながら応えてくれていた彼女は、「もうお願い、入れて下さい」と喘ぎ声の合間に言うのです。
少しSの部分が出そうになりましたが(笑) 
大人の余裕をみせて「いいよ」と彼女の頬を撫でてから挿入しました。

彼女の中はとってもきつく、燃えるように熱くなっています。
時には胸を揉みながら、時にはクリトリスを刺激しながら、何度も何度も腰を振り立てました。
Gスポットに当たる角度が好きなようで、「もうダメ」と何度も口にしながら感じてくれていました。
最後は少しそるように感じながら、私と一緒にグタッとなっていました。

話をしながら余韻を楽しんでいると、彼女の眼は少し潤んでいます。
もしやと思い下に手を伸ばすと、そこはもうしっかりと濡れているのです。
若さですね(笑)
おじさんも興奮してしまい2回戦に突入!
そんなことを繰り返し、結局3回もしてしまったんです(^^;)
頑張りましたね。

次の日の朝、休んでいる彼女に別れを告げてホテルを後にしました。
本当に夢のような出来事で、いまだに信じられない感じもしますが、素敵な経験をすることができました。

ススキノは、何が起こるか分からない所ですね。
ぜひ皆さん、札幌にお越しください(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
2017/07/05

ナンパ!? 26歳の女性との思わぬ出会い。

前回の記事について、たくさんのご意見や感想をいただきありがとうございました。

上から目線の女性から連絡が途絶えた理由について、女性の方からいろいろと聞かせてもらえたのは、とても勉強になりました。

本当のところの女心と言うのは、男性では分からないものですね(+_+)

ぜひ、今後とも聞かせてもらえたらと思います(*^-^*)



さて、これまではサイトでの出会いを書いてきたのですが、今回はススキノの街中での突然の出会いについてお話ししようと思います。


その日は平日の夜。仕事で会食があり、2次会もあったので少し酔っぱらいながらススキノを歩いていました。もう一軒ぐらい飲んでからホテルに戻ろうと思ったのです。

すると前方からうつむきかげんの女性が歩いてきます。

普段はナンパなどしたことが無いのですが、その時はなぜか声を掛けたくなり酔いも手伝って

「こんばんは、もし時間があったら一軒だけ付き合ってもらえませんか?」と話しかけました。

すると、女性はハッとこちらを見上げて、「あ、はい、お金をすられて今日寝るところも無くて困っていたんです、泊めてもらえますか」と言うのです。

私は驚いて「この後、飲みに行けたらと思って声を掛けたんだけど、そこでお話してから後のことについては考えようか」と話し、近くにあった焼き鳥屋に入ったのです。


話を聞くと、彼女は26歳で札幌の近郊から来ていました。先ほどスリにあったようで、気がついたら一銭も無くなっていたというのです。明日になれば駅で母と落ち合えるのだけど、今日泊まるところが無くてどうしようかと悩んでいたところに私が声を掛けたのでした。

私の宿泊しているホテルでいいので泊めて欲しいと言うので、ビールで焼き鳥を流し込んでホテルへと向かいました。

私は、騙されているかもしれないなとも思ったのですが、彼女がとても可愛らしく(^^;) 必死にお願いするので、まずは言うとおりにしてみようと思ったのです。

予約していたホテルがススキノから離れていたので、タクシーで向かいました。その時も、誰か後ろからついてきていないか、ついてくる車は無いかなど気にしながら向かったのです(笑)


ホテルに着きロビーで、「部屋には誰も通さないで下さい」と伝えてから部屋に行きました。

部屋に着くと彼女は「ありがとうございます。私、何でもするんで、大丈夫なんで…」と言います。

私は、それならと抱く気にはなれず、困っているのにつけ込む様なことはできないと二つあるベットの片方を進めて寝るように促しました。

「私はシャワーを浴びて休むから」と浴室に行き浴槽に浸かっていました。そこに裸で彼女が来たのです。

とても綺麗な裸でした。

「背中ぐらい流します。」と彼女。

❝据え膳食わぬは男の恥❞

私は覚悟を決めて彼女に背中を流してもらうことにしました。


この続きは次回とさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加


2017/06/28

上から目線の女性と!? 女ごころの難しさを知る。

さて、今回はセレブ風の上から目線の女性との2度目のデートをお話ししようと思います。


前回の別れ際に、「次は和食がいいわ」と言われた私は、個室で和食のコースがある落ち着いた店をまじめに探していました(笑)

あまりにも上から目線な女性だが、その裏にM的要素があるのではないかと考えたのです。その裏の部分を見てみたいという興味が湧いてきました。


2度目のデートの当日、彼女の家の近くまで迎えに行きます。

私は少し早めに着いたのですが、彼女が道端で待っていました。少し驚きました(笑) 「前回待たせてしまったから、今回は待たせないようにしようと思った」と言うのです。なかなか常識的で可愛いところがあるんだなと感じたのです。

車に乗り込んだ彼女はトークが弾みます。「あなたお元気だった?」や「この間は楽しかったは」ということから、「娘が私の言うことを全然聞かないのよ、ここまで育ててきたのに失礼しちゃうは」など、身近なことも話してくれます。私は笑顔で「そうなんだ」「それは大変だね」と聞き役に回りながら、心を許してくれているのかなと感じたりもしていました。


車がお店に到着。

ちょっとした中庭を通って玄関まで行きます。入り口では着物を着た方が待っていてくれて部屋まで案内してくれるのです。部屋は2階で窓からは中庭が見え、とても落ち着いた雰囲気です。

彼女は満足してくれたようで、「いい店だわ、素敵ね」と言ってくれます。

その後、料理が1品2品と運ばれてくると、上品な盛り付けや味付けが彼女のはなしに拍車をかけるのです。「先日は、あなたのセンスも良かったし、お店にもとても満足したからホテルにも行ったのよ。それでなければ、誰とでもそういう関係になるわけではないわ」と、やはり上からです(笑)

料理もひとしきり頂き最後の飲み物を飲んでいる時、「今日も私とても満足よ、あなたなかなかやるわね」とその後を促してくるかのようなコメント。


お腹も満たされ、気持ちも満たされて車に乗り込みます。

そして、やはりホテルへと車を進めるのです(笑)


ホテルに着くと、上機嫌な彼女はよくしゃべります。このままでは彼女のペースです。

私は彼女のMを発見するべく、日ごろの疲れを取ってあげるよとオイルマッサージをしてあげることにしました。もはや必殺技です(笑)

彼女も「あら、あなたそんなことができるの? 嬉しいわ」とデヴィ夫人的口調で答えます。


裸にしてうつ伏せにねかすと、足からゆっくりとマッサージをしていきました。

徐々に上へ上へと進みながら、敏感な部分には触れません。その周りを特に執拗にマッサージしていくのです。

彼女もだんだんと静かになります。

仰向けにした後も、太ももと下腹やリンパのあたりをじっくりとマッサージしました。彼女は目をつぶり、時おりくぐもった表情を浮かべるのです。

彼女の身体が温かくなってきたところで、突然、彼女のその部分に手を当てました。彼女は「きゃ」と驚いた声をあげます。彼女のそこはたくさんの蜜で溢れていました。私はその蜜を指ですくい、彼女に見せます。

そして少し強い口調で「こんなに濡れているよ、気持ちいいかい?」と尋ねると「きもちいいわ」と小さな声で答えます。

おもむろにホテルの備え付けてあった電動のマッサージ機を手に取り、彼女のそこにあてたのです。

彼女はびっくりしていましたが、すぐに「あーっ」「あーっ」と声を上げ快感に身を預けているようでした。その後も「もうダメ」「もうやめて」と言っていましたが、執拗にマッサージ機をあてて彼女は2度ほどいってしまいました。

グタッとしている彼女の髪を撫で「気持ちいいかい」と聞くと「うん」と小さく答えます。その口にキスをし首、肩、背中と唇で撫でながら、手は彼女の体中を撫でまわしました。


「もうダメ、入れて」という彼女に、私は「いいよ」と答えて行くりと腰を落としていきました。

いつもは上からだけど、こういう時は女性上位ではなく男性が上の方がいいんだななどと思いながら(笑) 私は彼女のその部分を何度も何度も突き上げていました。


その後ベットに横たわる彼女の背中を撫でながら、「とても感じていたね、可愛かったよ」と言うと、何も言わずに首だけでこくんと答えていました。

Mまではいきませんが、少し違った彼女を見たような気がします。


服を着て帰り支度を整える彼女は言葉数が少なく、感じすぎる姿を見られたのが恥ずかしかったのか、自分のリズムと違うことが嫌だったのか分かりませんが、車の中でも静かに過ごしていました。


それ以降、彼女から連絡が来ることは無く、私が連絡しても返ってくることはありませんでした。

女ごごろと言うものは、難しいものだなと改めて感じさせてもらいました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


2017/06/25

上品すぎる言葉、上から目線の女性とホテルへ・・・(^^;)

男と女の出会いって、いろいろありますね・・・。


今回は『pcmax』で出会った、少し変わった方との出会いを紹介したいと思います。


サイトで出会う時、だいたいは男性が気になる女性にメッセージを送ってやり取りが始まることが多いのですが、この方の場合は違いました。42歳でスタイルは普通、美容には気を使っているという彼女の方からお話してみませんかとメッセージを送ってきたのです。

こんなうまい話は無いので、私は怪しく思いました。サクラなのではないかと。

少し時間をかけながら、メールをやり取りするとサクラではなさそうです。

しかし少し気になったのは、メールの言葉遣いです。「私はそういうことはしないわ」とか、「そうですわ」とか、おばさんが上品な言葉を使っているような感じなのです。

もしや・・・、前回のことがあったので年齢詐称をを疑いました。

しかし、ランチに行きましょうということになったので、ダマされているかもしれないけどと覚悟しながら会う約束をしたのです。


当日、彼女の家の近くだというコンビニで待ち合わせをしました。

私がコンビニの駐車場に早めに着き待っていると、“少し遅れます、すいません”という内容のメールが届きました。私の不安は募るばかりです。

待ち合わせより15分ほど遅れて彼女がやってきました。とても派手な服装で、ピンクのワンピースがベースだったように思います。顔立ちは整っていて、年齢は偽っていない様子でした。

「ごめんなさい、突然の来客があって出てこれなくて、ごめんなさいね」ということです。

けっこう明るく積極的に話をしてくれます。

車内は楽しく話をしながら、ランチの店へと向かったのです。


予約していたイタリアンのお店に着くと彼女は「素敵なお店ね、初めてだわ、センスいいわね」と上から目線で褒めてくれます(笑)

話を聞くと、彼女はバツイチで20歳の時に娘を産んで、娘がもう22歳だと言います。自分もいろんな世界を見ないとと思い、出会い系でお付き合いする人を探していると言うのです。そして、健康に美しく生きたいと、毎月のように検診に行き身体の中から美しくなれるように頑張っているということでした。確かに健康法、美容法を語りだすと止まりません(笑)

そんな話をしながら、出てくる料理には満足な様子で上機嫌に話をしています。

「あなた合格だわ」なんてことも平気で言ってきます。あまり馴染みのない上品すぎる言葉遣いに違和感を感じながらも、美味しいランチを楽しく過ごしたんです。


店を出て車に戻りました。

私は「この後まだ時間ある?どこか行きたい所はある?」と尋ねると、

彼女は「今日のお店も良かったし、話も面白かったわ、あなた合格だからいいわよホテルに行きましょ」と言うのです。

かなり驚きました。私は、まさかそんな答えが返ってくるとは思っていなかったのです。予想外の答えを上から目線でサラッという彼女の姿勢にびっくりしたのです。

しかし女性がホテルに行こうと言っているのに、「いや、まだ早いんじゃない」なんて女々しいことは言えないので、ホテルへと素直に車を進めました(笑)


ホテルに着きコーヒーを入れると、「私は一日一杯しかコーヒーを飲まないの、さっきの店でもう飲んでしまったからお水をいただくは」とこだわりを上から話してきます。ここまで徹底すると嫌味もないですね、面白くなってきます。

シャワーをそれぞれに浴びてベットへと行きます。エッチはいたってスタンダード、遊び慣れているという感じではありませんでした。どちらかと言えば、受け身で、させてあげているという様子にさえ感じるものでした。私としては、めちゃくちゃ良かったというものではなかったのですが、彼女に感じてもらえるようにと心を尽くしました。

私が「胸が大きいんだね」と言うと「そうよ綺麗でしょ」と言ってみたり、「40を超えているようには見えないよ」と言うと「みんなそう言うわ」と答えます。

エッチが終わった後のピロトークでは、「私とのエッチどうだった?」と彼女が尋ねてくるので、「良かったよ、表情も良かったし素敵な体だね」と答えると「どんな男性でも、一度私を抱くと離れられなくなるのよ」なんてことまで言うんですよ。驚くでしょ!

そして、「あなたの触り方も良かったわ、合格だわ」と言いながら、「もう一回したいんじゃないの」と体を寄せてくるのです。

私もプライドを傷つけないように、もう一度頑張り彼女を満足させたのです。


ホテルを出て家の近くまで送る車中、「またご飯を食べに行きましょうね」と誘われたので、「どんな店がいい?」と尋ねると、「今度は和食がいいわ」との返答。

徹底した女性だなと思いながら車から降りた彼女を見送りました。


どうです、なかなか変わった女性との逢瀬だったでしょう(笑)

また次回をお楽しみください。ありがとうございました。


このエントリーをはてなブックマークに追加


2017/06/21

そこに現れたのは…!? うまく行かないこともありますね(^^;)

久々にブログを投稿いたします。
忙しいことはいいことですが、ゆっくりと過去を振り返りながら時を過ごすのも大切ですね(^^;)


これまでの出会いを振り返ると、いいことばかりではありませんでした。
今回は、うまくいかなかったことを書いていこうと思います。

サイトでの出会いは、当日まで相手の姿を知ることができないという不安があります。これは女性の方が不安な思いを持っているのだろうと思うのですが、男性も色々と考えるんですよ。特に美人局のような事件も起きていますから、メールのやり取りで相手を知るということが大切だと思うんです。
私は、美人局にあったということは無いんです。しかし、詐欺だなと思うような方とお会いしたことはあります。

その方とは、『イククル』でやり取りしていました。
30代後半でスタイルは普通。毎日の生活に刺激が欲しいという方だったんです。
メールをしている時には常識的な落ち着いた雰囲気を感じました。相手の方も良い印象を持ってくれている様子だったので、ランチでも行きましょうということになったのです。
私は少し落ち着いた店がいいかなと探していたのですが、彼女にどんな店がいいか尋ねると「大通公園沿いのホテルのランチが良いらしいので行ってみたいみたい」ということだったので、そこに決めて日時を決めました。

当日、少し早めに行ってロビーで待っていました。
すると、そこに現れたのは50歳は過ぎているだろうと思われる若づくりの衣装を身にまとった女性が現れたのです。私は自分の目を疑いました。いくら綺麗につくろってもそれは無理だろうと驚いていると、
「こんにちは、お待たせしました」悪気を見せずに挨拶をしてくれる。年齢を偽っているということさえ忘れているのだろう。
やはり、行き過ぎた嘘は良くないですね。多少は自分を作ろうことはあっても、相手に不快感を持たせるような嘘は信頼関係を築くことはできないですね。
とは思いながらも、その場でそこを立ち去ることもできず、ランチを予約していたこともあったので2人で食事をしたんです。

会話は盛り上がるわけがありません。「思ったよりおとなしい方ね」などと言われながらも(^^;) 時が過ぎるのを待つばかりでした。
楽しい時間はあっという間に過ぎるのに、苦痛な時間は長く感じるものですね・・・
重い雰囲気の時間を過ごした後、やはり私が会計を済ませて彼女のところに行くと、
「この後どうする?」と言うのです。
「どうって、特に考えてはいなかったけど」と私が答えると、
「行ってもいいよ、ごちそうにもなったし」とホテルへと誘ってくるのです。
私はうんざりしながらも「今日は出会ったばかりなので辞めておきましょう」と丁寧にお断りしお別れしました。
その後、その方とは連絡を取らなかったのは言うまでもありません。

いいことばかりではありませんが、いろんな人間模様があるのが出会いですね。
これからも、その人間模様を綴っていこうと思います。
どうぞよろしくお願いします(^^ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。